【動画】捕獲されたクジラの一種「コビレゴンドウ」=井石栄司撮影
[PR]

 北九州市小倉北区の港に迷い込んだとみられる体長約4メートルのクジラのような生き物について、市から依頼を受けて現地を訪れた専門家が15日、クジラの一種「コビレゴンドウ」と断定した。水深が浅い岸壁近くにとどまり、岩場で傷を負う可能性が高いことから、沖合に放す方針を決め、夕方に捕獲したが、その後死んだ。

 福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」の中村雅之館長らが視察。当初は遊泳していたが、岸壁近くにとどまった。水深が深い沖合への移動を促しても戻ってきたため、捕獲作業に着手。同館の職員ら10人ほどで捕まえて担架に載せ、クレーンで船に運び込み、沖合へ向かったが、船上で死んだという。

 コビレゴンドウは12日に見つかっていた。(井石栄司)