写真・図版

[PR]

患者を生きる・眠る「レビー小体病」(4:情報編)

 「レビー小体病」は、脳や自律神経にたんぱく質のかたまり「レビー小体」ができて、細胞が壊されていく病気だ。

 初期に多くみられるのが、眠りの浅い「レム睡眠」で体が動く「レム睡眠行動異常症」だ。失神や便秘、嗅覚(きゅうかく)障害などの症状もある。神奈川歯科大学付属病院の認知症・高齢者総合内科の眞鍋雄太教授(44)は「ストレスや不調で片付けられがちだが、こうした症状があれば注意が必要」と指摘する。

 レビー小体病の患者は、胃薬や吐き気止めなどが効きやすくなることが知られている。安易に市販薬をのめば、副作用が強く出るおそれもある。「気になる症状がある場合は、自分で判断せず、専門医を早めに受診してほしい」と眞鍋さんは話す。

 レビー小体が脳幹の一部である…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら