[PR]

 「モードの帝王」と呼ばれるイタリア人デザイナー、ジョルジオ・アルマーニ(84)が5月下旬に来日した。世界に向けて、東京で2020年春物のショーを開催。約40年前に男女のスーツを革新し、いまも精力的に創造を続けている。(編集委員・高橋牧子)

 ショー会場は、上野の東京国立博物館・表慶館(ひょうけいかん)。アルマーニらしい柔らかい中間色や繊細な生地の服が、重厚な洋館とよくマッチした。東京を発表の場に選んだのは「他に類を見ない刺激的な都市。日本は私の創造における発想の源で、現代性と伝統が見事に共存する国だから」との理由だ。

 レディースはゆったりとしたベルベット風やヤシの木の柄のスーツなど。着こなしに変化をつけるべっこう風のアクセサリーなども。「女性は定番の中にいてはいけない。シーンに合わせて様々に楽しんで」とアルマーニ。

 メンズも脱構築的な麻のジャケットや、ひも締めのパンツなどカジュアル感のある服が多い。首にはネクタイ代わりのスカーフ。「軽快で楽しく、ポジティブ。そして、ちょっぴりクレージーな感じを目指した」という。

 アルマーニは北イタリア生まれ。百貨店勤務の後、1975年に独立した。19世紀からほぼ変化のなかったスーツの構造を変え、カーディガンのようにしなやかでシャツのように軽い「ソフトスーツ」を開発。そのスーツは男性を堅苦しさから解放し、社会に進出し始めた女性たちの背中も押した。

 記者会見では、男性のスーツの着こなし方について「抑制のきいた身のこなしの方が大事。決して大声を出さず、落ち着いた話し方をすること」と答えた。また、強い男とは「自分の強さをあからさまに見せない男。少年の頃の信条を貫く人」。一つだけ希望をかなえるとしたら?との質問には「不死身になりたい」と沸かせた。

 また来日中に、東日本大震災後に設けた奨学金を受けた若者の代表3人と初めて面会した。ショー直前まで観客席の色と背景の色の調和にこだわるなど完璧主義は相変わらず。

 多忙のせいか、やや痩せて見えたが「他人との距離を演出する色」として好む、紺色のTシャツの精悍(せいかん)な着こなしから、健在ぶりが伝わった。

 アルマーニは朝日新聞の単独取材に応じ、ものづくりのこだわりや、これまでの功績、後継者についての考えなどを話した。

 ――東京・銀座の旗艦店を12…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら