[PR]

 第64回静岡県民合唱祭(県合唱連盟主催、朝日新聞静岡総局後援)が16日、三島市民文化会館で開かれた。小学生から一般まで県内各地の団体が一堂に会した。今年は昨年の39組を大きく上回る60組、約1500人が参加した。

 順位を競わず、合唱団同士の交流を深めて地域の音楽文化を育むことが目的。参加者たちは昨年亡くなった旧清水市(静岡市清水区)出身の作家、さくらももこさん作詞の「ぜんぶ」や大正時代に流行した歌謡曲「カチューシャの唄」などを披露し、観客らを楽しませた。

 合唱祭は午前10時から途中休憩をはさんで約10時間に及んだ。閉会式では合唱指揮者の本山秀毅さんらの講評もあった。(広瀬萌恵)

こんなニュースも