[PR]

 16日午前5時40分ごろ、大阪府吹田市千里山霧が丘の吹田警察署千里山交番前の路上で、阪急千里線千里山駅の駅員から「警察官が血を流して倒れている」と110番通報があった。倒れていたのは吹田署地域課の男性巡査(26)で、病院に搬送され、胸などを複数箇所刺されており重傷。30代ぐらいの男が巡査を刺したとみられ、実弾5発入りの回転式拳銃1丁を奪って逃走しているという。

 石田高久・府警本部長は「不安を与えて申し訳ない。身の回りを警戒し、不審者を発見した場合は110番通報をお願いする」とのコメントを出した。

 捜査1課は同日、強盗殺人未遂容疑事件として吹田署に捜査本部を設置した。

 刑事総務課によると、巡査は、男性巡査部長(44)と男性巡査長(33)の上司2人の計3人で当直勤務に入っていた。16日午前5時半ごろ、阪急千里線関大前駅の下り線ホームの売店前にある公衆電話から男の声で110番通報があり、空き巣事件があったと覚知した。事件現場が交番の管内だったため、巡査の上司2人がまずバイクで現場に急行し、鑑識などの準備を終えた巡査が交番を出て現場に向かうところ、男に刺されたとみられるという。発見時、巡査の左胸には包丁が刺さったままの状態で、他にも複数箇所の刺し傷があったという。巡査は搬送前、交番に戻ってきた同僚警察官に「男に刃物で刺され、拳銃を奪われた」と話したという。同課によると、ひもの留め金具が外され、拳銃が奪われたとみられるという。巡査は搬送時、意識があったが、その後、容体が悪くなったという。

 府警が空き巣被害の申告があった集合住宅の一室を調べると、被害は実際には確認されなかったという。府警は男が虚偽の110番通報をしたあと、巡査を刺した可能性もあるとみて関連を調べている。

 捜査関係者によると、巡査が刺された事件を覚知する約1時間前の午前4時15分ごろ、交番付近の防犯カメラに、黒っぽいジャンパーに白いTシャツ、黒っぽいズボン姿の30代ぐらいの男が行き来する姿が映っていたとし、男が何かしら事情を知っているとして行方を追っている。