[PR]

 大阪府吹田市の吹田警察署千里山交番前で男性巡査(26)が胸などを刃物で刺され、実弾5発入りの拳銃が奪われた強盗殺人未遂事件で、府警捜査本部は16日、事件直前に交番付近を行き来していた不審な男の防犯カメラ映像を公開し、情報提供を呼びかけた。

 刑事総務課によると、公開手配された男は、16日午前4時15分ごろ~同5時ごろの間、交番の周りを複数回、歩き回る不審な動きをしていた。男の様子が、この交番に設置された防犯カメラに映っていたといい、府警は逃走した男の可能性が高いとみている。男の特徴は眼鏡をかけ、白っぽい帽子や黒っぽい上着とズボンを身につけていた。

 事件は16日午前5時40分ごろ、阪急千里線千里山駅の駅員から「警察官が血を流して倒れている」との110番通報で発覚した。男性巡査は左胸に包丁が刺さった状態で、他にも複数の刺し傷があり、病院に搬送されたが重傷。付近の防犯カメラの映像などから、30代ぐらいの男が巡査を刺し、実弾5発入りの回転式拳銃1丁を奪って逃走中とみて調べていた。

 事件をめぐっては、午前5時半ごろ、交番から南に約800メートル離れた阪急千里線関大前駅の下り線ホームの公衆電話から、男の声で空き巣事件があったとの110番通報があった。通報を受けた男性巡査以外の上司2人が現場に駆けつけており、事件当時の交番には巡査が1人だった。この通報はその後、虚偽だったと判明。捜査本部が通報と事件との関連を調べている。

 情報提供は吹田署捜査本部(06・6385・1234)へ。