【動画】「在りし日の石田信之さんとミラーマン」

 特撮ドラマ「ミラーマン」に主演した俳優の石田信之さんが13日、大腸がんからの多臓器転移のため死去した。68歳だった。葬儀は近親者で行った。後日、お別れの会を開く。

 秋田県出身。梶原一騎の漫画が原作のドラマ「柔道一直線」でデビュー。ミラーマンは、「帰ってきたウルトラマン」などとともに、1970年代前半に起きた「第2次怪獣ブーム」の一翼を担った。

 大腸がんが見つかったのは2014年。肝臓にも転移する進行がんで、原発性の胃がんも同時に発症した。手術を何度も受けながら映画やドラマに出演。がんを、ミラーマンと対決する侵略者のインベーダーになぞらえ、闘病の様子をブログにつづっていた。