[PR]

 16日午前5時40分ごろ、大阪府吹田市千里山霧が丘の吹田署千里山交番前で、「警察官が血を流して倒れている」と近くの阪急千里線千里山駅の駅員から110番通報があった。同署地域課の古瀬(こせ)鈴之佑(すずのすけ)巡査(26)が胸などを刺されて意識不明の重体で、実弾5発入りの拳銃が奪われた。府警は強盗殺人未遂事件として吹田署に捜査本部を設置。捜査関係者によると、現場に土地勘のある東京都品川区の30代の男が何らかの事情を知っている可能性があるとみて、約5千人態勢で行方を追っている。

 捜査本部によると、古瀬巡査は男性巡査部長(44)と男性巡査長(33)の上司2人の計3人で当直勤務中だった。16日午前5時半ごろ、交番から南に約800メートル離れた阪急千里線関大前駅の改札内の売店前にある公衆電話から、男の声で「家に帰ると、室内が荒らされていた」と空き巣の被害を申告する110番通報があり、上司2人がバイクで現場に急行。古瀬巡査が鑑識作業の準備をして、現場へ向かおうと交番を出たところで男に襲われたという。

 駅員からの通報が入り、上司2人が交番に引き返すと、左胸に包丁(刃渡り約15センチ)が刺さった状態で古瀬巡査が倒れていた。古瀬巡査は防護衣を身につけていたが、7カ所に刺された傷があり心臓に達する傷もあった。病院へ搬送される際には上司に「男に刃物で刺され、拳銃を奪われた」と話したが、その後、容体が悪化したという。

 府警が空き巣被害の通報があった集合住宅の一室を調べたところ、被害はなかった。通報者の名乗った名字と住人の名字は一致しており、捜査本部は、男が別人の名前を名乗って虚偽の通報をした後、手薄になった交番を襲撃した可能性があるとみている。

 捜査本部は、千里山交番に設置された防犯カメラに映っていた男の画像を公開。男は午前4時13分から同5時1分の間に計8回、カメラに映り込み、交番の前を行ったり来たりする姿が確認された。男は30代ぐらいで、身長170~180センチ。黒っぽい上着とズボン、白いTシャツ、白っぽいキャップ帽、メガネを身につけていた。事件後の午前9時すぎ、この男とみられる人物が現場から北へ約4・5キロの「イオン北千里店」に入店し、ジャンパーなどを現金で計約9千円を払って購入したという。

 捜査関係者によると、画像の公開後、「自分の息子かもしれない」と男性が府警に申告したという。また、特徴の似た男が14日から1泊2日の日程で、吹田市内のホテルに宿泊していた可能性も判明。ホテルは交番から北へ約2キロにあり、事件の2日前から周辺に滞在していた可能性もあるとみている。

 石田高久・府警本部長は16日午前、吹田署で報道陣の取材に「全力で捜査にあたり、犯人の早期確保に努めている。不審人物を見かけた際は通報をお願いする」と呼びかけた。情報提供は吹田署捜査本部(06・6385・1234)へ。