[PR]

 香港で犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」改正案への大規模抗議デモがあった16日、台湾でも抗議する香港市民を支援する集会が開かれた。中国は台湾に香港と同じ「一国二制度」の受け入れを迫っており、「今日の香港は、明日の台湾だ」という台湾側の危機感が深まっている。

 台湾の立法院(国会)前で16日に開かれた集会には数百人の市民が集まり、マイクを手に意見を表明し合った。友人らと参加した会社員の劉帛縉さん(30)は「中国が香港の次に狙っているのは台湾。のみ込まれるのが心配だ」と語った。

 香港で最初の大規模デモがあった9日以降、台湾各地で集会が開かれている。集会で語られるのは、「今日香港 明日台湾(現在の香港の姿は将来の台湾の姿だ)」という言葉だ。

 この言葉が台湾で最初に注目さ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら