[PR]

 大阪府警吹田署の千里山交番の前で16日早朝、男性巡査(26)が胸など計7カ所を包丁で刺されて重体となり、拳銃が奪われた強盗殺人未遂事件で、府警捜査本部は16日夜、事件前に交番の防犯カメラに何度も映っていた不審な男が事件後に量販店で購入したものと同型のジャンパーなどの服装を公開した。

 捜査本部によると、男は事件後の午前9時すぎ、千里山交番から北へ約4・5キロの「イオン北千里店」に立ち寄ったとみられる。男は2階で紺色のスニーカー、3階で水色の帽子やえんじ色のジャンパーなどを購入したという。

 事件は16日午前5時40分ごろ、吹田市千里山霧が丘の吹田署千里山交番の前で倒れている巡査が発見されて発覚。30代ぐらいの男が巡査の胸を包丁で刺し、実弾5発入りの回転式拳銃1丁を奪って逃げているという。