[PR]

 6月23日の沖縄慰霊の日に読まれる子どもたちの「平和の詩」。沖縄戦の悲劇を受け止め、平和を訴える姿は大きな共感を呼び、年々注目度が高まっています。過去に朗読した子どもたちは、当時どんな思いで詩を書き、今はどう振り返るのでしょうか。大人になった皆さんに、話を聞きました。

     ◇

大仲(旧姓久貝)菜奈さん(41)

人間は、えらくなんてないから……

決して

強くなんてないから……

一人一人の手で

平和を永遠に、守り続けようよ。

(1992年「永遠に」から)

     ◇

 自分で作った「平和の詩」を慰霊の日の追悼式で朗読したのは、私が初めてでした。国語の先生に「書いてみない?」と言われて書いたもの。ある先生が授業で言った「人間はえらい」って言葉に反発して、偉そうな大人になりたくないと思って、授業中にバーッと書き上げました。

 それがまさか選ばれるとも、会場で読むことになるとも思ってませんでした。新聞の取材を受けながら「大変なことになっているな」と思いましたね。

 当日、追悼式の場に立って読み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら