[PR]

 大阪府警吹田署の千里山交番の前で男性巡査(26)が胸などを包丁で刺されて重体となり、拳銃が奪われた強盗殺人未遂事件で、府警捜査本部が、現場に土地勘のある東京都品川区の男(33)が事件に関与した疑いが強まったとして、強盗殺人未遂容疑などで逮捕状を請求する方針を固めたことが、捜査関係者への取材でわかった。男は拳銃を持ったまま逃走を続けているとみられ、捜査本部は約5千人態勢で行方を追っている。

 事件は16日午前5時40分ごろ、吹田署千里山交番前の敷地内で巡査が倒れているのが見つかり発覚。巡査は30代ぐらいの男に包丁(刃渡り約15センチ)で胸など計7カ所を刺され、実弾5発入りの回転式拳銃1丁を奪われた。この男とよく似た人物が同午前9時すぎ、現場から北へ約4・5キロの「イオン北千里店」でえんじ色のジャンパーなどを購入。捜査本部は、男が犯行時に着ていた黒っぽい上着などを着替えて逃走を続けているとみて、付近の防犯カメラ映像などをもとに行方を探している。