[PR]

 イスラエル政府は16日、同国が占領しているシリア領内のゴラン高原に「トランプ高原」と名付けた新たな入植地をつくると発表した。トランプ米大統領が今年3月、ゴラン高原におけるイスラエルの主権を承認したことに感謝し、ネタニヤフ首相が提案していた構想だ。

 16日に現地で開かれた閣僚会議で決まった。ネタニヤフ氏は「歴史的な日だ。イスラエルにとって素晴らしい友であるトランプ大統領を称賛する」と発言。「トランプ高原」と書かれ、イスラエルと米国の国旗があしらわれた巨大な看板を披露した。トランプ氏は同日、ツイッターで「素晴らしい栄誉をありがとう」とネタニヤフ氏への感謝を投稿した。

 ゴラン高原は1967年の第3…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら