[PR]

 大阪府吹田市の千里山交番前で男に襲撃され、意識不明の重体となっている吹田署地域課の古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査(26)は、高校ラグビーで全国大会常連の佐賀工高出身で、強豪の東海大でもプレーしていた。SNS上では、仲間の回復を願うラグビー関係者の投稿が相次いだ。

 佐賀工出身で元日本代表の五郎丸歩選手(33)は自身のツイッターで「古瀬がんばれ!!」とエールを送った。現在の日本代表で、古瀬巡査と同世代の流大(ながれゆたか)選手も男が逮捕された報に触れ、「あとは古瀬の回復を祈るのみ」とつぶやいた。その他にも「ちょっとでも力になれるようにメッセージを送ろう」「何とか助かってくれ」「無事を祈ります」などといったラグビー選手のコメントがあふれた。

 東海大ラグビー部の公式サイトなどによると、古瀬巡査は168センチ、77キロで、ポジションは俊足の選手などが務めるウィングやフルバックだったという。