[PR]

 第68回全日本大学野球選手権大会最終日は17日、神宮球場で決勝が行われ、明大(東京六)が佛教大(京滋)を6―1で破り、38年ぶり6度目の優勝を果たした。

 明大は三回、1番添田(4年、作新学院)の二塁打などで無死二、三塁から野選と敵失、ボークで計3点を先取。九回、二死満塁から5番喜多(4年、広陵)が走者一掃の二塁打を放ち、3点を加えた。投げては、主将でエースの森下(4年、大分商)が7安打完投。九回に二塁打2本を許して失点し、東洋大(東都)との準々決勝に続く完封勝利はならなかった。

 佛教大は、準々決勝で昨年覇者の東北福祉大(仙台六)を逆転サヨナラで下して出場20回目で初めて4強入りし、準決勝では過去4度優勝の東海大(首都)を破って京滋大学連盟代表として初の決勝に臨んだが、頂点には届かなかった。

 東京六大学連盟代表の優勝は今回が26度目。明大は1981年に5度目の優勝を飾って以降、前回出場の16年まで過去9回出場したが、3度の4強入りが最高で準優勝以上は一度もなく、優勝経験のない東大を除く六大学では最も長く優勝から遠ざかっていた。

 東京六大学各校の優勝回数は、09年まで8度の法大が最多で、今回で6度目の明大、15年まで5度の早大、17年まで4度の立大、1987年まで3度の慶大と続く。