[PR]

 新潟市内の地域情報を発信しているウェブサイト「にいがた通信」の人気キャラクター「ガタ子」さんが17日、新潟開港150周年を盛り上げる「TEAM Nii portスペシャルクルー」に就任し、発表された。

 クルーは150周年記念イベントのPR役などを担うもので、ほかに新潟市出身の歌手、小林幸子さんやスポーツライター、青島健太さんらがいる。同市などでつくる実行委員会が就任を依頼してきた。

 ガタ子さんは、にいがた通信のメインライターとしてイラストで登場する独自キャラクターで、「新潟市をこよなく愛する30代の派遣OL」という設定。SNSも使ってイベントや飲食店の情報を紹介しており、1カ月のページ閲覧数(PV)は200万に上るという。その発信力が買われ、今回のスペシャルクルー就任となった。

 17日の就任発表には、イラストが描かれたパネルで参加。サイトを運営するネット広告会社・ユニークワンの立川和行さんが「私のような日陰女子がメンバーに選出されるとは、ドッキリではないかと信じられません」というガタ子さんの手紙を代読した。新潟市の中原八一市長は「できればガタ子さんにお会いしたかった。情報発信力があるので、力強く感じている」と話した。(岩波精