[PR]

 埼玉県秩父地方の観光客数が、昨年度まで5年連続で900万人台を超えていたことが分かった。官民一体となってアニメの聖地を宣伝したほか、関東屈指のパワースポットとして参拝者が絶えない三峯神社やB級グルメのわらじカツ人気、さらには西武鉄道が開業させた商業・入浴施設が人気を支えているようだ。

 秩父地域おもてなし観光公社が1市4町(秩父市、小鹿野町、長瀞町、横瀬町、皆野町)について集計した。

 同公社によると、集計を始めた2011年度は804万8千人だったが、14年度に初めて900万人台の909万3千人となり、17年度まで毎年増加した。昨年度は天候の影響と秩父夜祭が平日に開催された影響から、前年比2%減の965万4千人となったが、900万人台は維持した。

 15年度から集計を始めた外国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら