[PR]

 京都駅の南東、鴨川沿いの住宅街に22日、約90席の劇場「THEATRE E9 KYOTO」(京都市南区東九条南河原町)がオープンする。市内で、民間の小劇場が相次ぎ閉館する状況に危機感を抱いたアーティストらが、クラウドファンディングや企業の支援を募り、貸倉庫を改修した。

 4月、京都市内で、今夏から来春にかけたオープニングプログラムの発表会見があった。京都を拠点とする劇団「MONO」の土田英生(ひでお)や、舞踊家・田中泯(みん)ら公演を予定するアーティスト約30人が出席。土田は「京都に公演できる場所が少なくなり、気に病んでいた。面白い劇場ができたと思ってもらえるような、演目を出したい」と語った。

 京都市内では2017年、芸術家集団「ダムタイプ」なども活動した、アトリエ劇研(旧アートスペース無門館)が、約30年の歴史に幕を下ろした。他にも、所有者の高齢化や建物の老朽化などを理由に、民間小劇場が次々と閉館。このままでは、アーティストの流出につながりかねない――。代わりとなる場をつくろうと、元劇研ディレクターのあごうさとしや、現代美術家やなぎみわらが中心となり、劇場を運営する一般社団法人を設立した。

 館長に就いた狂言師の茂山あきらは、かつて、無門館でベケット作品などを手がける「能法(NOHO)劇団」の公演を行った経験もある。「若者はまずは実験、ですからね。京都発のものづくりの場所が必要でしょう」

 改修などにかかった総事業費約1億9千万円は、クラウドファンディング、活動に理解を示した市内外の企業や個人の支援、金融機関からの融資で調達。2階には「コワーキングスペース」を入居させ、家賃収入も得られるようにした。

 開館にあたり、力を入れたのが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら