[PR]

 太平洋戦争末期、鹿児島市が大規模な空襲を受けた日と同じ17日、「平和のつどい」が同市中央公民館で開かれた。写真パネルの展示があったほか、大空襲を体験した人の体験談などに集まった約200人が耳を傾け、不戦の思いを新たにした。

 生活協同組合コープかごしまが主催し、毎年開いている。会場では、同組合も協力して制作された映画「県全域が標的になった~鹿児島空襲」が上映された。

 戦争体験者が体験を語る場面では、11歳のとき、空襲を体験した前田尚(たかし)さん(85)が登壇。空襲を受けるまで「日本は強いんだ」と信じ込んでいたが、空襲の夜、操縦士が見えるほど低空飛行で飛来するB29の怖さを思い知ったという。

 空襲が終わった後、自宅の様子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら