[PR]

 大学の運動部に所属する学生の学力不足や学業軽視が問われ始めている実情を、3月にコラムでとりあげたところ、多くの反響がありました。運動部学生は競技に専念するので学業と両立しなくていい、という風潮は古くからある印象があります。現実はどうなっているのでしょうか。そして、この問題をどう考えたらいいのでしょうか。

コラムの要約

 2020年東京五輪でメダルを狙えるある選手について、その選手が通う大学の関係者が「学業への態度がひどい。欠席する授業も多く、リポート提出もしない」とこぼす。

 運動部学生の中には「自分はスポーツだけをするために大学に来ている」と信じている学生がいるのが実情。しかし、スポーツ推薦は入試時の成績や学費免除を含めた費用面で一般学生との不平等が指摘されるうえ、授業にも来ず、来ても寝ていて、課題も出さない姿を一般学生が目にすれば、「応援したい」という気持ちも持ってもらえない。その学力不足や学業軽視が、ようやく正面から問われ始めている。(3月9日付朝刊スポーツ面「縦横無尽」。朝日新聞デジタルでも配信)

試験・出席、特別扱い

 4年前に東京都内の私立大を卒業した会社員の男性(26)は、運動部の活動中心の学生生活を送りました。スポーツ推薦での入学でした。

 男性が入ったのは文科系の学部。スポーツ推薦の学生が少なくなく、国内トップレベルの選手が集中していました。授業の出席チェックがほとんどないうえ、学業面で優遇されたからだと、男性は言います。

 外国語科目には“運動部学生向け”の授業も。「英語なら、冗談ではなくABCのアルファベットから」

 試験でも特別扱いは存在したといいます。「『試験でどこが出るかヒントを』と先生に頼むと、答えてもらえました」。それでも、合格点は厳しく、男性は答案用紙の裏に、こんなことを書きました。「私は●●部に所属しています。日々、練習や試合に励み、●●大会優勝などの成績を上げました。ご配慮のほど、よろしくお願いします」。すると、単位が認められる最低限の評価はつけてもらえました。

 こうした方法が通用するのは、運動部に関わる教員がほとんど。「部活の大変さを分かってくれるので。どの先生が通用するかは先輩から教わりました。取得単位のうち7割以上が、この方法で取れました」

 日々練習に励む運動部学生側にも言い分はある、と男性は主張します。「ぶっちゃけ言うと、僕らがスポーツを頑張ることで大学の宣伝になるんですよ。一般学生と基準を一緒にしてほしくないと思います」

     ◇

 一般の学生は運動部学生をどう見ているのでしょうか。立教大経済学部3年の女子は「テスト期間中も休まず練習していて大変そう。試合や大会が重なっても考慮してもらえないし」と同情します。先月18日、日本スポーツ産業学会が開いた大学スポーツを研究するセミナーに参加していた関東の私立大経営学部2年の女子は「授業では同じ部の部員で固まっている。それぞれ出たい授業を選べばいいのに」と話しました。

 スポーツ庁の推計では、運動部学生は全国で約20万人。2017年度の4年制大学の学生約289万人の約7%です。一般入試で入った学生とスポーツ推薦で入った学生がいますが、帝京大の川上祐司教授(スポーツマネジメント)は特にスポーツ推薦学生について「リポートのレベルがひどい」と率直に言います。

 川上教授は、運動部強化を広報につなげるマーケティング戦略自体は否定しません。ただ、スポーツ推薦の学生を特定の学部に集める傾向を問題視します。「一般学生と『別組織』になり、孤立して応援もされなくなります。単位の認定も、運動部員を特別視せずに評価することが大事でしょう。大学スポーツはあくまで教育の手段ですから。スポーツ強化を掲げる大学の中には、現実を隠蔽(いんぺい)しながらいいところだけを見せようとしているような大学もあります」

     ◇

 スポーツ倫理学が専門で早稲田大の理事でもある友添秀則教授は、「選手養成の低年齢化」と学業軽視の関連を指摘します。「かつてはトップアスリートをめざす子も、小中時代は勉強する環境にありましたが、今はスポーツ少年団で発掘され、中学でも競技に専心させられる。学力が担保されず、勉強の大切さを感じないまま大学に来るケースが多くなっています」

 学業軽視はどんな弊害を生むのでしょうか。友添教授は「せっかく大学でスポーツをやっても、これだけ急速に変わる社会ではリーダーシップの発揮が難しく、社会的な大損失です。さらに企業運動部の休廃部が相次ぐ時代。スポーツだけでやっていけるでしょうか」と、セカンドキャリアへの影響を懸念します。

基準定め、部活に制限

 運動部学生に学業との両立を促す対策も始まっています。

 早稲田大では「早稲田アスリートプログラム(WAP)」を2014年度に始めました。44部を統括する競技スポーツセンターが運営を担っています。柱は「人格陶冶(とうや)」と「修学支援」。同センター所長の石井昌幸教授は「アスリートは、サッカーならサッカーだけやってあとは遊んでいればいいということじゃない、ちゃんとした社会人になりましょう、ということ。それを人格陶冶と呼んでいます」。

 修学支援は全米大学体育協会(NCAA)を模して各学期で取得すべき単位基準を設定し、最低基準を2学期連続して下回った学生には「練習の制限」「対外試合の出場停止」の措置を取ります。15~17年度の運動部員の最低基準単位達成率を比較すると、16、17年度ともに前年度を上回っていました。早大はWAPが一定の効果をあげたとみています。

 また、WAPの“副産物”として学業実績の「見える化」があると石井教授は言います。WAP開始後の調査で、全学の留年率よりも運動部員の留年率の方が低いことが判明。修学支援の一環で、GPA(取得単位の平均成績)が高い運動部員を表彰しますが、所属学部で最優秀の成績を上げた学生もいたそうです。

 「運動部の学生はいろんなことに一生懸命になれる人間が多い。数字で見せることで、運動部学生が勉学を怠っているという学内外の偏見を払拭(ふっしょく)する効果もあったと考えます」

     ◇

 早大がモデルにしたNCAAには各大学が守らなければいけない学業管理の規約があります。

 ワシントン大学のアメフト部でアシスタントコーチを務めた吉田良治・追手門学院大客員教授によれば、まず各競技ともシーズン中は週20時間、オフシーズンは週8時間にスポーツ活動が限定されます。そして、一定の学業成績を満たさない選手は練習、試合にも出られず、チーム全体の成績が基準を下回ると、練習時間も削られます。

 吉田客員教授は「日本では『練習時間が短いと競技力が落ちる』と考えがちですが、米国ではこのルールの下でプロ、五輪メダリストが出る。16年リオデジャネイロ五輪の競泳で金メダルを獲得したシンガポールのジョセフ・スクーリングも、テキサス大の学生でした。アジア人でも、短い練習時間で世界で切磋琢磨(せっさたくま)できる。日本の考え方はもう通用しません」と話します。

     ◇

 日本でも、大学スポーツの統括団体が3月に初めて生まれました。大学スポーツ協会(UNIVAS=ユニバス)です。役割の一つに、運動部学生の学業充実を掲げます。

 ユニバス理事でもある早大の友添教授は、「スポーツ推薦で進学が決まった高校生に、入学前から補習教育をスマートフォンでするほか、在学中は共通の取得単位基準を定め、基準に満たない学生は練習や試合出場を止めるルールづくりを検討します」と言います。

 ただ、NCAAと違い、補習も単位基準も義務化はできず、採用は加盟大学の判断になります。友添教授は「運動部は自治性の名のもと、放任されてきました。でも、大学の公認組織です。大学がその学業管理にも責任を持つべきではないでしょうか」と話しています。

一流になるには思考も必要

 スポーツと勉強の両立はなぜ大切なのでしょうか。山口・岩国高、東京学芸大と進み、サッカー・Jリーグ鹿島などで活躍した元日本代表の岩政大樹さん(37)に聞きました。

     ◇

 僕にとっての勉強は中学から「やらなければいけないもの」でした。どうせ授業で座っていないといけないなら、その6時間はきっちりやると決め、家ではほとんど勉強しませんでした。「サッカーを本気でやりたいから勉強は無理」と思うなら、授業中ではなく、家で寝ればいいと思います。

 単純作業は嫌いで、解き方の工夫ができる数学が好きでした。教師になろうと、広島大に進むつもりでしたが、高校最後の大会をけがで中途半端に終え、サッカーを本気で続けたいと思いました。そこで、広島大と同水準の偏差値で、関東大学リーグ1部にいた東京学芸大の数学科を受験し、入学。専門色の強い数学の本質を理解するのは大変でしたが、22歳以下日本代表に選ばれるなどサッカーで実績を上げながら、中高の数学教員免許をとりました。

 多くの競技で、一流になるには身体的な伸びが止まる20、30代に、思考を伸ばさないといけません。そんな時、18歳までに得られる知識、教養やスポーツだけでは見えないものが思考の幅を広げ、成長する方法を教えてくれます。その選択肢を最初から狭めてしまうのは、もったいないことです。

 僕は数学的な論理的思考で、他の選手との違いを作れたと感じます。例えば、一つのプレーを振り返る時。「良い悪い」だけで捉えるのではなく、「なぜ、どのように起きたか」を把握することは、プレーの選択をするうえでとても大事です。

 両立とは「好きなこと」と「やるべきこと」を両方やることだと考えています。将来の夢を定め、やりたいことに没頭するのはすばらしいけど、夢でないことでも、「日々の一生懸命」を増やしていく。そういうメンタリティーを子どもの頃から養うことが大切ではないでしょうか。

両立促されている

 近年の中高の運動部活動改革を取材していると、「スポーツ推薦で進学するために、とにかくスポーツだけを一生懸命に」という風潮が、長時間練習などの行きすぎや勉学軽視につながってきたと感じます。

 でも、大学からプロや実業団スポーツに進める選手はごく一部。さらに引退後の長い人生が待っています。それを見据えた勉学との両立が大学運動部で定着すれば、中高の段階から、部活動に励みながら「勉強しないわけにはいかない」と、両立が促されるのかもしれません。(編集委員・中小路徹

学生間で「不平等」

 スポーツ推薦で入学した学生に対しても、一般入試の学生と同じ学業レベルを求める厳しい大学がある一方で、単位を取りやすいように運動部学生を特別扱いする“ゆるい”大学も存在します。また、同じ大学の中でも学部によって運動部学生への優遇の有無が異なるため、スポーツ推薦の学生の間で「不平等」が生じているケースもありました。

 学生アスリートに学業面でどこまでのレベルを求めるか、指導現場によってばらばらなのです。こうした実態を目の当たりにして、問題の根深さを痛感させられました。(松本龍三郎)

     ◇

アンケート「相続のこと、考えてますか?」をhttp://t.asahi.com/forum別ウインドウで開きますで実施中です。ご意見はasahi_forum@asahi.comメールするでも募集しています。