[PR]

 大阪府警吹田署の千里山交番前で男性巡査が刺されて拳銃が奪われた事件で、府警捜査本部は17日、東京都品川区の職業不詳、飯森裕次郎容疑者(33)を強盗殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。交番から北へ約8キロの山中で身柄を確保した。拳銃を所持しており、実弾1発が発砲された形跡があった。飯森容疑者は調べに「私のやったことではありません」と容疑を否認しているという。

 吹田署捜査本部によると、飯森容疑者は16日午前5時35分ごろ、吹田市千里山霧が丘の吹田署千里山交番の駐車場で、当直勤務中だった古瀬(こせ)鈴之佑(すずのすけ)巡査(26)の胸を包丁(刃渡り約15センチ)で刺し、実弾5発入りの回転式拳銃1丁を奪った疑いがある。古瀬巡査は7カ所を刺され、心臓に達する深さ約11センチの傷も負い、意識不明の重体。

 捜査関係者によると、事件後、拳銃を右手に持って歩く男の姿が、交番から北西に約400メートル離れた吹田市千里山西5丁目の住宅街の防犯カメラに映っていたことも判明。巡査が襲撃された約30分後に、周辺の複数の住民が破裂音を聞いたと証言しており、捜査本部は拳銃を奪った飯森容疑者が住宅街で拳銃を1発発射した可能性があるとみている。

 捜査本部は16日午後8時すぎに映った箕面(みのお)市内の防犯カメラの映像から、飯森容疑者が箕面市の山中へ向かったのを確認。山へ向かう山道の出入り口はイノシシよけの柵で住宅街から遮られ、人の出入りが確認できるが、府警は飯森容疑者が山に入った後、出てきた形跡がなく、山中に潜伏しているとみて、日の出を待って17日午前5時すぎから36人態勢で山中を捜索。同6時半すぎに山道脇のベンチの上に横たわる飯森容疑者を発見し、身柄を確保した。ベンチの下にはレジ袋に入った拳銃があった。携帯電話の電源は入っていない状態で、現金約10万円や運転免許証、精神障害者保健福祉手帳(2級)などを所持していたという。

 捜査本部の調べに対し、飯森容疑者は「私の思うことは、病気がひどくなったせい、まわりの人がひどくなったせいということです」などと話したという。府警は刑事責任能力の程度を慎重に調べる方針。

 捜査本部によると、飯森容疑者は拳銃を奪った後、16日午前中に徒歩や電車で吹田市内や箕面市内などを広範囲に移動して、コンビニやホームセンターなどに相次いで立ち寄り、虫よけ剤や携帯電話の充電器などを買っていたという。