[PR]

 滋賀県甲賀市で2017年、衆院選の開票作業中に白票を水増ししたとして公職選挙法違反(投票増減)罪に問われた当時の市選管事務局長で総務部長の保井達也被告(58)と、事務局書記で総務部次長の杉田洋典被告(57)=いずれも懲戒免職=の判決が17日、大津地裁であった。横井裕美裁判官は「国民の信頼を失墜させたのは重大。厳しい非難に値する」と述べ、両被告に有罪を言い渡した。

 保井被告は懲役1年2カ月執行猶予5年(求刑懲役1年2カ月)、杉田被告は懲役1年執行猶予5年(同懲役1年)。横井裁判官は「特定の候補者の当落を目的としたものではない」などと執行猶予の理由を述べた。公選法の規定で執行猶予期間中は公民権が停止される。

 判決によると、両被告は17年10月22日、滋賀4区の甲賀市の開票所で開票作業中、投票総数が投票者数より約400票少ないことに気づき、つじつまを合わせようと未使用の投票用紙を白紙投票に混入させた。その後、未集計の約400票が見つかったが、集計しないまま外へ持ち出した。(比嘉展玖〈ひらく〉)