[PR]

 ワクチンで予防できる風疹の流行が止まらない。怖いのは、妊婦が感染すると赤ちゃんの目や耳に障害が残る先天性風疹症候群(CRS)。昨夏からの流行で、埼玉県内でも1人のCRSが報告された。国は来年度の風疹排除をめざし、一部の男性を対象に抗体検査とワクチン接種を無料で提供し始めた。これで風疹は排除できるのか。

 無料の抗体検査とワクチン接種は、1962年4月2日から79年4月1日までに生まれた男性が対象。4月以降、地元自治体から「クーポン券」が郵送されている。風疹にかかるなどして抗体がある人もいるので検査し、抗体が十分ない人にワクチンを打つ。

 この年代は、CRSを防ぐため女性がワクチン接種を受ければよいと考えられていた時代で、男性は対象外だった。しかし、CRSはワクチン接種をした母親でも起きる。1月に確認された県内の事例も、母親はワクチンを接種し、抗体も十分にあったという。

 和光市で内科と小児科の医院を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら