[PR]

 楽天と西友は17日、神奈川県横須賀市でドローンを使った配送サービスを始めると発表した。西友リヴィンよこすか店から、約1・5キロ先の無人島の猿島まで、ドローンで商品を届ける。島を海水浴やバーベキューなどで訪れる人向けに飲食物を届けることを想定している。

 猿島は船便が少なく、買い出しで島外に気軽に出ることが難しいため、ドローンによる配送を活用する。7月4日から約3カ月間にわたって行う。

 アプリで食品や飲料などを注文すると、店舗で配達員が荷物を詰め、発送する。発送から到着までは5分ほど。客はアプリでドローンの位置や到着予定時刻も確認できる。重さは5キロまでで、配送料は税込み500円。

 楽天と西友は昨年10月、「楽天西友ネットスーパー」を始めた。注文する顧客の近くの西友の店舗を商品倉庫に見立てて、そこで商品を詰めて発送している。ドローン配送もこの取り組みから生まれた。楽天の安藤公二常務執行役員は「今後は買い物が困難な人向けのサービスなども展開したい」と語った。