写真・図版

[PR]

 安倍晋三首相と野党党首による党首討論が19日に開かれる。今国会では初の開催で、昨年6月以来1年ぶり。参院選前の論戦の山場となる。野党側は老後の生活費が2千万円不足するとした金融庁の審議会報告書や、安倍政権の基本姿勢などを軸に据える構えだ。

 党首討論は19日午後3時から。与野党の申し合わせで計45分。持ち時間は、14日の衆参両院の国家基本政策委員会で、立憲民主党が20分、国民民主党が14分、共産党と日本維新の会がそれぞれ5分半と決まった。

 野党側は、参院選で争点化を狙うテーマに照準を合わせる。「2千万円不足」問題では、審議会に諮問した麻生太郎金融相が「政府の政策スタンスと違う」と報告書の受け取りを拒否した対応の是非のほか、年金制度の持続可能性も首相にただす方針だ。

 陸上配備型迎撃ミサイルシステ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら