【動画】スポーツ義足を児童が体験 短距離ランナー山下千絵さんが授業=奥平真也撮影
[PR]

 子どもたちに多様性への理解を深めてもらおうと、「スポーツ義足体験授業」が18日、松江市東出雲町下意東の意東小学校であった。義足の短距離ランナーで東京パラリンピックを目指す法政大4年、山下千絵さん(21)が、5、6年生計62人にスポーツ義足での歩き方などを指導した。

 山下さんは川崎市在住。小学4年生の時に交通事故で左ひざから下を切断したが、2年前からスポーツ用の義足で短距離走に挑んでいる。山下さんは児童の前で義足を外し、切断された部分を見せて「触ってごらん」。児童らは、促されて手を伸ばし、感触を確認していた。

 その後、スポーツ用の義足をつけ、歩行やジャンプを試した。山下さんは「真下にある缶を踏みつぶす感じで」と指導。子どもたちは最初ふらふらとしていたが、慣れると上手に片足ジャンプするなどしていた。

 5年の山本陽菜(ひな)さん(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら