[PR]

 東京・上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャン(雌)の同園での飼育が、2020年末まで延長されたことについて、中国外務省の陸慷報道局長は17日の記者会見で「シャンシャンが中日友好の使者として積極的な役割を果たすことを望んでいる」と語った。

 シャンシャンは12日に2歳の誕生日を迎えた。父親のリーリーと母親のシンシンは中国から貸与されており、シャンシャンの所有権も中国が持つ。東京都と中国との協定で「2歳で中国に返還する」と定められていたが、東京都側は来夏の東京五輪・パラリンピック後まで上野で過ごせるように中国側と交渉。その結果、返還期限は20年12月末まで延びることになった。

 陸氏は「我々はシャンシャンが日本で心を尽くした世話を受け、親切なもてなしを受けていることをうれしく思う。シャンシャンに対する日本人の愛情と名残惜しさを感じ、しばらく日本にとどまることに同意した」と説明した。(北京=冨名腰隆)