[PR]

 福島県浪江町幾世橋の町役場南側に整備中のスーパーマーケット「イオン浪江店」の開業日が7月14日に決まった。運営するイオンリテール(千葉市)が18日に発表した。原発事故後、町内にスーパーが進出するのは初めてだ。

 イオン浪江店は空き店舗だった衣料品店の建物を改修して営業を開始する。同社によると、売り場面積は881平方メートルで、食料品や日用品、医薬品を中心に地元の請戸漁港に水揚げした鮮魚など約1万2千点を取りそろえる。

 同時に店にない商品の取り寄せにも力を入れる。また店で購入した食べ物を店内で飲食するイートインスペース53席分を併設、約50台分の駐車場も設ける。

 年中無休で、営業時間は平日と…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら