[PR]

 野球の知識を使い、時に横浜スタジアムでモノを探して謎を解くゲームキットを、横浜DeNAベイスターズが発売した。チャレンジすると、なかなかどうして難しい。

 ゲーム「DB海賊団~奪われた宝を取り戻せ!~」は、3冊の指示書に載ったクイズを解いてキーワードを集め、そのキーワードを使って次のクイズを解いていくもの。付属のカードを並べて暗号を読み解いたり、横浜スタジアム内の指示された場所に行って、ボードに書かれた情報から謎を解いたり。約20問を解いて最終キーワードを報告すると、選手のサイン色紙などが当たる抽選に参加できる。

 クイズには、バッテリー間で球種をサインで示すことや、「ストライクが三つでアウト」など、野球のいろはを知らないと解けない問題も。野球部出身の大学生と大学院生の男性2人にゲームに挑戦してもらったところ、所要時間は約50分。「野球に関連した謎解きでおもしろかった」

 一方、指示を解読できず、答えを想像して無理やり次のクイズに進んだ箇所もあり、「小学生には難しいかも」。試合開始より早めにスタジアムに着けるときや、家で友達とワイワイ集まれるとき、大人と一緒に挑戦したらおもしろそうだ。

 税込み千円。球団オフィシャルストアなどで販売。スタジアムに行けなくても、web上でスタジアム内の指示ポイントが写真で見られるサービスもあり、家でも挑戦できる。(木下こゆる)

こんなニュースも