[PR]

 男性の育児休業取得について、政府は今週中にも閣議決定する「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」に、制度改正することも検討しながら促進すると盛り込む。希望しても育休を取れない男性が多くいることを受けた。

 自民党政調の会合で18日に修正案が示され、新たに盛り込まれた。「育児休業を希望していても申請できない男性が多くいることをふまえ、制度的な改善策も含め、検討し、男性の育休取得を促進する」などと明記される見込みだ。

 厚生労働省によると、2018年度に育休を取得したのは女性が82・2%に対し、男性は6・16%にとどまる。20年に男性の育休取得13%という政府目標を大きく下回るのが現状だ。取得した期間も短い。14年度に女性は10~12カ月取得した人が31・1%で最多だったが、男性の56・9%は5日未満だ。

 最近では、化学メーカー大手カ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら