【動画】ラグビー日本代表メンバーが古瀬鈴之佑巡査にエール=日本ラグビーフットボール協会提供
[PR]

 宮崎市内で合宿中のラグビー日本代表メンバーが18日、大阪府吹田市の交番前で男に襲撃され、意識不明の重体となっている佐賀工高ラグビー部出身の古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査(26)にエールを送る動画を撮影した。日本協会のSNSにアップされている。

 古瀬巡査は強豪・佐賀工高から東海大に進んだ。現代表メンバーにも知り合いや一緒にプレーした選手が多い。

 発案の中心となったフランカー布巻は同い年で福岡県内の小学校時代、ラグビースクールで一緒だった。16日の昼間に知人からの連絡で「(事件の)被害者が鈴之佑と聞いて、(体を休めていた)ベッドから跳び起きた」と振り返る。何かしら力になりたいと動画でエールを送ることを思いついたところ、ほかの代表メンバーも同調してくれたという。

 SH流も同学年で熊本・荒尾高時代、九州選抜の候補合宿でともにプレーした。「同じラグビー仲間であることをみんなに知って欲しかった。いろんな人の思いがどんな形であれ(古瀬巡査に)届けばちょっとでも元気になるのでは、と思った」と説明した。

 WTB福岡も中学時代、古瀬巡査と同じ福岡県選抜のメンバーだった。「すごく明るくて、みんなを前向きにしてくれるキャラ。同じWTBで中学時代は僕より足が速かった」と振り返る。「元気になり、いずれ試合を見にきてくれればうれしい」と語る。

 動画では選手、スタッフ全員がそろった上で、布巻が「今きつい状況だと思うけど、ラグビーをしている仲間として日本代表のみんなも鈴之佑のことを応援しています。だからなんとか踏ん張ってください」と話し、最後に全員で声を合わせ、「頑張れ」とエールを送った。選手全員のサインが入った日本代表ジャージーも本人に送る予定という。(有田憲一)