【動画】米フェイスブックが発表した新しい暗号資産(仮想通貨)「リブラ」の使い方のイメージ=フェイスブック提供
[PR]

 米フェイスブック(FB)がクレジットカードや音楽配信など幅広い分野の大手企業と組み、暗号資産(仮想通貨)事業に参入する。手元のスマートフォンで海外送金や決済できるようになれば利便性は高まるが、情報漏洩(ろうえい)や悪用を防ぐ手立てなども課題になる。

 暗号資産「リブラ」では、スマホ上での様々なお金の決済や送金を想定している。FBが改修中のメッセージアプリ「メッセンジャー」上でリブラのロゴをタッチすると、自分が持っているリブラの残額が表示され、相手先に米ドルでいくら送りたいのかを聞いてくる。金額を打ち込んでボタンを押すと、即座に送金される仕組みだ。受け取った側は、コンビニなどで現金に替えられるという。

 FBは「メッセンジャー」や「ワッツアップ」など傘下のサービスの利用者計27億人に加え、途上国などで17億人に上るとされる銀行口座を持たない貧困層の利用も想定する。スマホだけで簡単に送金できれば、途上国でも暗号資産が一気に普及する可能性がある。

 ただ、だれにいくら送ったか、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら