[PR]

 国内最大規模で約3万4千年前の環状ブロック群「墨古沢(すみふるさわ)遺跡」(3988平方メートル)=千葉県酒々井町墨=と、江戸幕府直轄で乗用馬などを育てた牧場の遺構が良い保存状態で残る「下総佐倉油田牧跡(あぶらたまきあと)」(6432平方メートル)=同県香取市九美上=が新たに国の史跡に指定される見通しになった。国の文化審議会が21日、文部科学相に答申した。これらが指定されると、県内で国指定の史跡は30件になる。

 このほか、国史跡で5世紀中ごろの前方後円墳「内裏塚(だいりづか)古墳」(同県富津市二間塚)は西側(383平方メートル)が追加指定される見込み。

環状ブロック群 全国最大級

 「町制130周年という記念の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら