[PR]

 経営統合を目指していた回転ずし最大手のスシローグローバルホールディングス(GHD)と同5位の元気寿司(ずし)は18日、統合を断念すると発表した。国内店のブランドや海外への出店戦略をめぐり、折り合えなかった。

 元気寿司の親会社である米卸最大手の神明ホールディングスと、スシローGHDの資本業務提携も同日付で解消する。国内で強いスシローと、海外の店舗展開で先行する元気は、2017年から経営統合に向けた協議を進めてきた。

 海外展開では、元気が195店舗と、16店舗のスシローに大きく水をあけている。元気は従来どおり、フランチャイズでの出店を進めると主張した。市場に詳しい現地企業と協力した方が、持続的に経営できると考えるためだ。

 一方でスシローは、品質管理を徹底するためだとして直営を主張。意見の溝が埋まらなかった。店舗名を統一するかどうかも合意できなかった。また、国内店舗で商品を提供するやり方でも、意見が分かれていたという。

 神明は、元気寿司を軸に外食を伸ばす戦略を立て、13~14年には「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトホールディングス(現カッパ・クリエイト)との統合を目指した。だが、企業体質の違いを理由に破談となった。(橋本拓樹 橋本拓樹)

回転ずしチェーンの売上高

1 スシロー(スシローグローバルホールディングス) 1748億円(18年9月期)

2 くら寿司                    1324億円(18年10月期)

3 はま寿司                    1185億円(18年3月期)

4 かっぱ寿司(カッパ・クリエイト)         761億円(19年3月期)

5 元気寿司                     420億円(19年3月期)

(各社の決算書などから)

■回転ずし業界、厳しい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら