[PR]

 東京都内で学童保育施設が最も多い八王子市は18日、今年の夏休みに学童保育所で試行的に子どもたちに昼食を提供すると発表した。夏休みは学校給食がなく、弁当を用意する親の負担が大きいため、要望が寄せられていた。コンビニのおにぎりや弁当を持参する子もいるため、栄養のある食事を提供することにした。

 地方自治体の学童保育所で夏休みに食事を提供するのは全国的に珍しい。

 市社会福祉協議会が運営する船田小学童保育所で7月29日から、NPO法人からまつが運営する第九小学童保育所で8月19日から、それぞれ5日間実施する。学校栄養士の献立に基づいて、校内の調理室で給食調理員が調理する主食と主菜、1~2品程度の副菜を提供。1食300円を保護者に負担してもらう。

 市は2施設の定員計183人の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース