[PR]

 指定暴力団山口組の中核組織・弘道会の会長(59)を警護するために新幹線に同乗した同会系組員が不正乗車をしていたとして、大阪地検は18日までに、この組員を鉄道営業法違反の罪などで在宅起訴した。会長は日本最大の指定暴力団山口組の執行部メンバーの一人でもある。暴力団幹部のボディーガード役の組員が不正乗車で起訴されるのは珍しいという。

 起訴状などによると、組員の男(48)=大阪市浪速区=は2018年9月、会長を警護するためにJR新神戸駅(神戸市中央区)から入場券だけで新幹線に乗り、JR新大阪駅(大阪市淀川区)で下車。会長と他の組員が改札を出るのを見送った後、自分は改札を出ずに新神戸まで新幹線で引き返し、正規の料金を支払わずに乗車したとされる。

 捜査関係者によると、新大阪駅…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら