写真・図版

[PR]

 海や川などに漂うごくわずかな「環境DNA」から、そこにどんな生きものがいるかを調べられるようになってきた。野外作業は水をくむだけ。広域で定点観測すれば、生態系の中長期的な変化を天気のように予報できるかもしれない。

 「環境DNA」とは、環境中に存在する生き物のDNAのこと。水の中には魚や両生類、昆虫などの粘膜やふんなどに由来するDNAがわずかに漂っている。水1リットル中に数十個といったレベルだが、狙ったDNAの量を効率よく増やす「PCR法」を使えば検出できる。

 ビーカーなどで水をすくい、濾紙(ろし)でこすなどしてDNAを濃縮・抽出し、分析装置にかける。DNAの塩基配列から、生き物がそのあたりに「いる」ことがわかる。捕まえたり、目で見て確かめたりする手間がかからないため、生態系の調査手法として急速に広がっている。

 神戸大の源利文准教授は「コロンブスの卵みたいなものです」と話す。

 魚などのDNAは水中ですぐに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら