写真・図版

[PR]

 ねばねばしてのどに絡みつくたんは、口から肺への空気の通り道「気道」の異常を知らせるサインだ。4月には、世界初となるたんの診療指針ができた。せきの症状とともに、呼吸器の病気の治療や患者の生活の質(QOL)の向上につなげることが重要だ。

 横浜市の男性(62)は40代後半の頃、喫煙などが原因で肺の組織が壊れる肺気腫と診断された。息苦しさに加え、粘り気が強く吐き出しづらいたんに長年、悩まされてきた。

 かかりつけ医の紹介で7年ほど前、横浜市立大病院を受診。症状が進み、呼吸機能に異常がある慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)とぜんそくが合併した状態だった。自宅で毎日、呼吸機能を簡易的な機器で測り、せきやたん、息苦しさなどの症状を記録。症状や数値が悪化すると、主治医の事前指示の通りに薬の種類や量を自分で微調整した。診察時には、記録を持参した。たんが黄色や緑色になり細菌感染が疑われるときは、早めに抗菌薬を使い、症状の悪化を防いだ。次第にたんの量が減り、今は息苦しさを感じることはほとんどなくなった。

 主治医の金子猛・横浜市立大教授(呼吸器病学)は「たんは気道を映す鏡で健康のバロメーター。たんが出るのは気道に何か問題があるということ」と話す。

 気道の表面は線毛が生え、粘液…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら