拡大する写真・図版自身の経験を話す清原和博さん=福留庸友撮影

[PR]

 薬物依存症の治療を続ける、元プロ野球選手の清原和博さん(51)は、依存症の後遺症で患ったうつ病にいまも苦しめられている。感情に波があり、「3歩進んで2歩下がる」という状況に直面しながらも、過去を受け入れ、新たなスタートを切りつつある。「何年かかっても立ち直り、社会復帰したい」。自分自身に言い聞かせるように、きっぱりと言った。

判決後2年近く、ほぼ寝たきり状態

 覚醒剤については、使わない日を1日また1日と重ねるにつれ、1日分ずつ遠くなっていくと思います。ただ、薬物依存症の後遺症で患ったうつ病の治療は、なかなか思うように進んでいません。

 判決後2年近くは、起きる気力…

この記事は有料会員記事です。残り1315文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら