【動画】関西の食事のお供、ポン酢。スーパーの棚には、さまざまな瓶が並ぶ=橋本拓樹撮影
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 焼き肉に刺し身、サラダ――。関西では、どうやらいろんな料理にポン酢をかけるらしいことに、この春に転勤してきて気が付いた。関東出身の記者からすると、しゃぶしゃぶのつけだれの一つ、くらいの印象なのだが……。

 新大阪駅近くのスーパー「ライフ セントラルスクエア西宮原店」を訪ねてみて、驚いた。商品棚にずらりと並んだポン酢は約30種。ユズに昆布、ゴマだれなど味もさまざまだが「どれも定番商品」という。

 担当の津毛(つもう)龍弥さん(20)は「冬は鍋料理に合わせる、シンプルな味が好まれます。夏は冷しゃぶやサラダにかけることも多く、タマネギ入りなどの商品が人気です」。

 全国でポン酢を販売するミツカンによると、昨年の世帯あたりのポン酢購入量は京阪神地区だけで関東地区の1・5倍。金額に換算すると1・7倍にものぼるという。

 ポン酢の発祥は江戸時代の長崎…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら