[PR]

 19日午前5時ごろ、名古屋市昭和区白金1丁目の名古屋高速大高線上り線の鶴舞南ジャンクション(JCT)で、大型タンクローリーが横転し、運転していた運輸会社員の仁川雄介さん(48)=大阪市港区=が頭を強く打ち死亡した。

 愛知県警高速隊によると、現場は左カーブで、タンクローリーは右側の壁に衝突したという。タンクローリーは液体状の砂糖を積んでいたといい、砂糖の一部は高速高架下の道路にも漏れ出した。県警が事故の原因を調べている。

 この事故で午前5時半ごろから大高線高辻出口―鶴舞南JCTの上り線、午前9時40分からは大高線上り全線が通行止めになった。また、堀田、笠寺、星崎、大高、知多半島道路や名四国道連絡路の入り口も閉鎖していた。通行止めと閉鎖はいずれも午後3時半に解除された。