[PR]

(19日、スーパーフライ級王座決定戦 井岡一翔〈10回TKO勝ち〉アストン・パリクテ)

 井岡一翔は21歳で最軽量のミニマム級(約47・6キロ以下)王者になり、一つずつ階級を上げてきた。ミニマム級とスーパーフライ級は上限で約4・6キロ違う。

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級元王者の木村悠さん(35)は「階級ごとに特性があり、戦い方も変わる」と話す。木村さんによると、ミニマム級はKO決着が少なく「手数とスタミナが重視される」。

 2番目に軽いライトフライ級(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら