[PR]

 韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、日本政府は19日午前、韓国政府に対し、日韓請求権協定に基づき、第三国による仲裁委員会の設置を求めた。

 日本側は日韓と第三国による仲裁委の設置を求めていたが、期限だった18日までに韓国側が仲裁委員を任命しなかったため、新たな段階に入ることになった。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は19日午前、在日韓国大使館の金敬翰(キムギョンハン)・次席公使を同省に呼び、「韓国政府が協定上の義務を果たさず、期限内に仲裁委員を任命しなかったことは遺憾だ」と伝えた。

 その上で「韓国政府の協定上の次なる義務は、第三国を選定することであり、仲裁に応じるよう強く求める」と述べた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら