【動画】実際に記者がサケの行方を追ってみた=板倉大地撮影
[PR]

早朝の漁港に記者

 半年ほど前のことにはなってしまうが、昨年の12月12日早朝、雪が舞う青森県むつ市の大畑漁港に、記者はいた。

 沖縄や香港の料理店まで、翌日中には新鮮な食材を届けるという「A!Premium」。この港から出る船が取るサケが、むつ市を明日発ち、次の日の午後には香港の著名シェフの手でさばかれるという。

 青森発のサケが、本当に翌日には香港に届くのか。漁から料理店までを追跡し、確かめる。それがこの取材の目的だ。

 13トンの漁船が白い波をたてて、海岸から200メートルほど離れた漁場に到着した。「寒ぐはねが?」と、漁師たちが代わる代わる声をかけてくれる。漁のおこぼれを狙う鳥たちの「クークー」という鳴き声が響くなか、漁は静かに始まった。

拡大する写真・図版定置網には大きなサケがいくつもかかっていた=2018年12月12日午前、青森県むつ市の沖合、板倉大地撮影

「サケいねえ」

 深さ13メートルほどに沈めた定置網を、漁師たちがゆっくりたぐり寄せていく。サケの姿はなかなか見えない。漁師の大室雅道さん(58)は「サケいねえ。香港さ行きたぐねえんでね」。だがまもなく、ビチビチッと網から水しぶきがたち、20匹ほどの大きなサケが引きあげられた。香港用に選ばれたのは、5キロのメスだ。

拡大する写真・図版香港へ運ばれていくサケを手に持つ記者=2018年12月12日午前9時34分、青森県むつ市

サケに別れを告げる

 漁の翌日、すなわち13日午前6時半、むつ総合卸売市場の長津潤さん(47)が鮮度を保つために紙を挟んでじょうろで水をかけ、箱に詰める。ふたに「A!Premium」のシールを貼り付け、準備完了だ。明日の午後、このサケは海の向こうの料理店にいる。「香港で会おう」。私はサケに別れを告げた。

■旅客便に吸い込まれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら