[PR]

 日本銀行は20日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策の「現状維持」を決めた。長期金利の誘導目標を「ゼロ%程度」、金融機関から預かるお金の一部につけるマイナス金利は「年0・1%」で据え置いた。

 米中通商摩擦の日本経済への悪影響が懸念されているが、国内景気については「基調としては緩やかに拡大している」との見方を変えなかった。

 長短金利操作と、少なくとも2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら