[PR]

 阿蘇山(熊本県)の噴火警戒レベルが特別警報(避難、避難準備)に達した際の、市町村の枠を超えた広域避難計画「阿蘇火山広域避難計画」を、県がまとめた。阿蘇市、南阿蘇村、高森町の火山周辺市町村が対象で、噴火の状況によっては、外輪山周辺の市町村に自治体ごと避難する計画となっている。

 阿蘇火山広域避難計画は、2014年9月の御嶽山(長野・岐阜県境)の噴火で15年に活動火山対策特別措置法が改正され、阿蘇山が警戒避難態勢を特に整備すべき地域に指定されたことに伴って作られた。

 広域避難計画は、阿蘇中岳が噴火警戒レベル4、5に達した場合を想定して立てられた。具体的な災害は、溶岩流の発生と、降灰と降灰による土石流を想定した。

 溶岩流については、溶岩流が発…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら