[PR]

 様々な理由から義務教育を十分に受けられなかった人が学ぶ公立夜間中学について、県教育委員会は今年度、希望者らを対象に「夜間中学体験会」を開催する方針を決めた。夜間中学への理解を深めてもらうとともに、希望者の居住地を把握して広域的な仕組みを検討するのが狙いだ。

 夜間中学は、夜の時間帯に授業を実施する公立中学校の夜間学級。義務教育を修了できなかった人のほか、近年は、不登校だった人や、外国籍の人たちの学びの場になっている。

 文部科学省は各都道府県に1校以上の夜間中学の設置を促していて、県内には横浜、川崎両市に各1校ずつ設置されている。

 県教委は夜間中学のあり方を検…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら