[PR]

 九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)の新鳥栖―武雄温泉間の整備を巡り、佐賀県の山口祥義知事は19日、県議会一般質問で「長崎県の皆さんには、佐賀県民の思いに、思いをめぐらせてほしい。門戸は閉ざさないが、頼まれたからやるにも限度がある」と、長崎側に対する不快感を示した。

 西久保弘克議員(自民)が「福岡、佐賀、長崎3県の未来を考え、同じテーブルにつくことが大事だ。今後の長崎県への対応についての考えを聞きたい」との質問に答えた。

 山口知事は「長崎県は大切な隣県」と断ったうえで、「新鳥栖―武雄温泉間は一貫して在来線利用でJR九州や長崎県と合意してきた。しかしフリーゲージトレインの断念を理由に、長崎県はこれまで合意ないことを一方的に主張している」と、フル規格での整備を求める長崎県へのいらだちをあらわにした。さらに「我々の意向を無視して環境アセスに関わる予算措置まで国に要望している」とも指摘した。

 新幹線問題をめぐっては、長崎3区選出で、整備方法を話し合う与党検討委員会(PT)メンバーの谷川弥一衆院議員が、佐賀県との協議を「まるで韓国か北朝鮮を相手にしているようだ」と発言している。山口知事はこれを念頭に「佐賀県の対応を揶揄(やゆ)する発言を(PTの場と、長崎県諫早市で)2回もした。こうした姿勢はどう考えたらよいのか」と不信感を隠さなかった。(福岡泰雄)