[PR]

 山梨県立笛吹高校で19日にあった開校10周年記念行事で、卒業生のミュージシャン藤巻亮太さん(39)が弾き語りライブを披露し、約800人の生徒らを盛り上げた。

 石和高と山梨園芸高が統合し、2010年に開校して今年度で10周年。笛吹市(旧御坂町)出身の藤巻さんは石和高の卒業生で、03年にバンド「レミオロメン」としてデビューした。笛吹高の校歌を作詞作曲し、12年からはソロで活動している。

 ライブでは10曲を披露。代表曲「3月9日」では、藤巻さんのギターに合わせて生徒たちが合唱した。藤巻さんは「新しい曲を一緒に作りませんか」と呼びかけ、9月29日に自らが主催する山中湖村の野外フェス「Mt.FUJIMAKI2019」で、生徒と一緒に作った楽曲を披露することが決まった。

 ライブのあとは、教室で生徒たちを前に話したり、部活動を見学したりして交流した。藤巻さんは「生徒たちから感じたものをことばに換え、メロディーに乗せたい。自分にとっても新しい挑戦です」と話していた。(野口憲太)