[PR]

 昨夏の西日本豪雨で崩落した高知自動車道上り線大豊インターチェンジ(IC)―新宮IC間にある立川橋(大豊町立川上名)が7月2日に復旧する。通行止めになっていた上り線約8キロ区間が開通し、当面は上下線とも1車線ずつで運用する。7月中に2車線の全面開通をめざす。

 立川橋は大雨の影響で道路脇の斜面が崩れ、高架部分約60メートルが崩落した。通行止めの後、下り線での対面通行が続いていた。

 西日本高速道路(NEXCO西日本)によると、悪天候などの影響がなければ、7月2日午前6時から上り線の通行止めが解除される。2車線への運用に切り替える工事のため、同月1~6日午後8時~午前6時、川之江東ジャンクション(JCT)―大豊IC間は通行止めになる。(加藤秀彬)